実践行動学プログラムの内容

プログラムの基本概念 > プログラムフラッシュ3

プログラムフラッシュ3/Part3「社会へ出る準備を始めよう」より抜粋

「私の望む理想の生き方」
 ここからは、皆さん自身の"これからの生き方"を将来の夢や目標として描いていきたいと思います。
まずは、自分自身、将来どのような生活をしたいのか、望む生き方(送りたい生活、ライフスタイル)はどのようなものかを考えていきます。Part2で確認したように、自分が強く願う、想像すれば実現できるということを忘れずに、自分の理想の将来像を描いてみましょう。

以下の中から「こんな生き方がしたい」と思った項目に○をつけてください(複数可)。○をつけた項目の中で特に重視したい項目を3つ選び◎をつけてください。
私の望む理想の生き方
    いつも多くの人と交流したり関係ができる生き方
    いつも何かにチャレンジしている生き方
    ある分野で成功し、有名になっている生き方
    ボランティアなどを通じて、社会や地域に貢献している生き方
    安定した、変化の少ない生き方
    自由で、誰にも縛られない生き方
    経済的に恵まれた、優雅な生き方
    ほのぼのとした穏やかな生き方
    自然や生き物に囲まれた、心身共に健康的な生き方
    変化に富んだ刺激的な生き方
    規則正しい生き方
    集団や組織に属し、その集団・組織に尽くす生き方
    専門知識・技能を磨いて、その分野の第一人者になる生き方
    創造的で、学問や研究に全身を打ち込んでいる生き方
    自分のこだわりを大切にする生き方
    家族や友人を優先し、身近な人々と暮らす生き方
    自己実現に向けて、どこまでも自分の可能性を追求している生き方
    仕事や商売に精を出し、仕事を最優先した生き方


【ファシリテーターによる解説】
それでは、「自分の理想とする生き方」の上位3つをグループ内で発表しましょう。発表の際は、簡単にその理由も付け加えてください。グループメンバーは相手の発表をよく聞いて、自分とのちがい、あるいは項目が同じでも理由が違うかもしれませんので、それを確認してください。時間は10分間です。では、始めてください。
プログラムフラッシュ1  |  プログラムフラッシュ2  |  プログラムフラッシュ3